知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年06月06日(土)
【インプラントという治療法を聞いたことの】
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。


どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。


虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。


インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。


保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。


また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。


20:18
2020年06月05日(金)
【せっかくインプラント治療を行った】
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。


ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。


一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


高い費用も、一括払いには限りません。


クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。


ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。


周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。


最近話題になることも多いインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。


18:36
2020年06月04日(木)
【どんなインプラントも虫歯を気にしなくて】
どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。


放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。


ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。


医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


大至急歯科医にかかってください。


17:54
2020年06月03日(水)
【せっかく完了したインプラント治】
せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。


毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。


インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。


よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。


見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。


インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。


普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。


インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


16:42
2020年06月02日(火)
【歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用で】
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。


通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。


人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。


例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。


医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず維持費がかかることを知っておきましょう。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。


定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。


しかし、気に留めておくべきポイントがあります。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


15:06
2020年06月01日(月)
【これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費】
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。


それでも、相場はあると言えます。


歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。


これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。


自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。


メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。


普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。


15:00
2020年05月31日(日)
【インプラント治療はどのような流れかとい】
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という流れは皆さん変わりません。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。


健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。


インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。


治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


14:12
2020年05月30日(土)
【いろいろな事情からインプラント】
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


この治療の費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。


これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。


高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。


インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。


13:36
2020年05月29日(金)
【様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体】
様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。


それは違います。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。


インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。


もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。


11:54
2020年05月28日(木)
【年々利用者が増えてきたインプラント】
年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を置いて語れません。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。


鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。


ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。


インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


11:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++