知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年08月23日(水)
【耐久性の面で、インプラントはど】
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。


歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。


そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。


インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。


でも、気にしなくて良いです。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。


抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。


ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


07:12
2017年08月22日(火)
【治療ではインプラント埋入手術が一番の山】
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。


自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。


そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。


人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することに努めましょう。


06:48
2017年08月21日(月)
【入れ歯の装着に違和感があるという方】
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。


ですが、留意すべき点もあるのです。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。


これは重要な事実です。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、それと裏腹のデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。


加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。


本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。


インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。


しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。


05:36
2017年08月20日(日)
【入れ歯の装着に違和感があると】
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。


どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。


このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。


近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。


治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


04:54
2017年08月19日(土)
【数々のインプラント治療の問題点について、広】
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。


でも、気にしなくて良いです。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。


これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。


残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


04:48
2017年08月18日(金)
【インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいこと】
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。


前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。


欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。


検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。


現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。


04:12
2017年08月17日(木)
【インプラント埋入手術の直後、】
インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。


痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。


インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。


その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。


それは気にしないでください。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。


MRI検査への影響はありません。


03:42
2017年08月16日(水)
【一本のインプラントを入れるの】
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。


費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療ができるようになっています。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。


それは違います。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。


どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。


02:36
2017年08月15日(火)
【人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方】
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。


インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。


もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。


高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。


一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。


前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。


02:00
2017年08月14日(月)
【残念ながら、インプラント治療は保険適用になる】
残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。


確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。


ですが、気に留めておくべきポイントがあります。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。


現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。


01:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++