知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年02月28日(金)
【インプラントに関する情報は多く出回っていま】
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。


インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。


リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


09:00
2020年02月27日(木)
【人工歯としてのインプラントは虫】
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。


一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。


一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


というプロセスをたどります。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。


そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。


こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


07:06
2020年02月26日(水)
【最近よく耳にするインプラントは、】
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。


治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。


それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


07:00
2020年02月25日(火)
【インプラント埋入手術は局所麻酔がほとん】
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。


確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


06:42
2020年02月24日(月)
【近年、インプラントの治療件数が増えてきました。こ】
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。


どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。


そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。


こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。


06:24
2020年02月23日(日)
【インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特】
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。


治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。


インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。


ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。


手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。


06:06
2020年02月22日(土)
【インプラント治療による危険性を皆さ】
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。


その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。


それは本当のことではありません。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。


高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。


なぜ適用されないかというと、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。


医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。


06:00
2020年02月21日(金)
【インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですか】
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。


インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。


感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。


新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。


インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。


欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。


04:24
2020年02月20日(木)
【皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、】
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能とされています。


とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。


利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。


鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。


人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


03:36
2020年02月19日(水)
【インプラント治療の終了は義歯が問題なく使える】
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。


メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。


健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。


典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。


また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。


まれな症例として、手術後の死亡例もあります。


03:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++