知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年04月29日(土)
【歯科医でインプラント治療を勧め】
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。


ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。


ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。


健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。


保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。


現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。


22:30
2017年04月28日(金)
【無くなった歯をインプラントで補ってからと】
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。


そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。


より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


大至急歯科医にかかってください。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。


義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。


歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。


人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。


20:36
2017年04月26日(水)
【自費診療なので、インプラント治療にはど】
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。


しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


11:54
2017年04月25日(火)
【一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふ】
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。


このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。


近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。


痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。


自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが一番良いでしょう。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。


11:18
2017年04月24日(月)
【インプラント治療にかかる費用を合計する】
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。


一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という流れは皆さん変わりません。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


10:24
2017年04月23日(日)
【普通、インプラント埋入手術は日帰り】
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。


これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


ほぼ全額自費とみるべきです。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。


インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


08:54
2017年04月22日(土)
【人工物であるインプラントが虫歯になることはあり】
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。


入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。


08:48
2017年04月21日(金)
【インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通】
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。


院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


なぜ適用されないかというと、この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。


組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。


いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。


08:42
2017年04月20日(木)
【普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高】
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。


残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。


確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。


周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。


インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。


検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。


06:24
2017年04月19日(水)
【現状では、インプラント治療ができる】
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。


加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。


ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。


一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。


歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯のことです。


ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。


03:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++