知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年02月24日(土)
【インプラントは他の歯に影響な】
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。


どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。


ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。


保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。


インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。


ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。


また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。


外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。


典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


13:30
2018年02月23日(金)
【インプラント治療を始めるとき負担】
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。


また、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。


治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。


根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。


歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


13:18
2018年02月22日(木)
【典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてく】
典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。


重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


13:18
2018年02月21日(水)
【インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で】
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。


その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。


院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。


様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。


その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。


現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。


インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。


12:12
2018年02月20日(火)
【人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗】
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。


最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。


そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。


ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。


12:06
2018年02月19日(月)
【一般的にはインプラント埋入手】
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。


治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。


リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。


それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。


治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。


でも、気にしなくて良いです。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。


代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。


10:30
2018年02月18日(日)
【インプラントは決して虫歯になりませんが、】
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。


いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。


もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


最近話題になることも多い治療法であるインプラント。


ですが、制約もあるので覚えておきましょう。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


08:54
2018年02月17日(土)
【インプラント埋入手術では局所麻酔を使いま】
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院する必要はまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。


普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないとは誰も言っていません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。


自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。


自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。


07:48
2018年02月16日(金)
【「インプラントって差し歯とは何が違うの?」】
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。


では、インプラントの場合はどうでしょうか。


インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。


両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。


ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。


どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。


人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。


インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。


麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。


痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


07:42
2018年02月15日(木)
【新たな歯科医療の形として注目されているインプラント】
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。


安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。


これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。


自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。


歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。


07:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++