知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年05月26日(日)
【インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで】
インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。


インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。


それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


04:48
2019年05月25日(土)
【歯科におけるインプラント治療では、あごの】
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。


インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


麻酔のために入院することはまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。


とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。


インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。


04:30
2019年05月24日(金)
【忘れてはいけないインプラントのメリッ】
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。


人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。


インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。


人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。


麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。


地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。


04:12
2019年05月23日(木)
【せっかくインプラント治療を行ったのに、それ】
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。


ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。


インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。


人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。


差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。


これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。


03:48
2019年05月22日(水)
【歯科医の技量、患者の体調などの条件によっ】
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。


このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。


数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。


でも、気にしなくて良いです。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。


良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。


03:48
2019年05月21日(火)
【他の歯科治療同様、インプラント治療で大事な】
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。


とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。


最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。


ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


01:00
2019年05月19日(日)
【治療ではインプラント埋入手術が一番の】
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。


今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


22:00
2019年05月18日(土)
【入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入】
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。


様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。


インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。


また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。


22:00
2019年05月17日(金)
【一度埋め込んだインプラントの使用】
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。


ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。


しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。


全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。


両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。


21:54
2019年05月16日(木)
【様々な条件を考え合わせた上で、インプラン】
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。


また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。


でも、気にしなくて良いです。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。


21:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++