知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年01月17日(木)
【無くなった歯をインプラントで補ってからというもの】
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。


そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。


こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。


抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。


どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。


様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


大至急歯科医にかかってください。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。


健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。


12:48
2019年01月16日(水)
【歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利】
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。


いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。


見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。


義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。


全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。


09:00
2019年01月15日(火)
【これからインプラント治療を受ける】
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。


食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。


人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。


自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。


もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


08:54
2019年01月14日(月)
【インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接】
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。


最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯のことです。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。


こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。


今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。


また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


08:30
2019年01月13日(日)
【皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、】
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。


リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。


08:30
2019年01月12日(土)
【歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開】
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


麻酔のために入院することはまずありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


この治療の費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


08:30
2019年01月11日(金)
【どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々】
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。


インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。


現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。


せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。


そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。


確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。


08:18
2019年01月10日(木)
【基本的に全て自費治療となるのが、インプラン】
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。


多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


08:06
2019年01月09日(水)
【「インプラントって差し歯とは何が違うの?」とい】
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。


当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。


埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。


インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


07:00
2019年01月08日(火)
【全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合っ】
全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。


組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。


また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。


こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


06:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++