知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年08月10日(月)
【歯科におけるインプラント治療では、あご】
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。


それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。


問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。


だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


22:24
2020年08月09日(日)
【手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく】
手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。


これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、留意すべき点もあるのです。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


これは重要な事実です。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。


注意してください。


22:00
2020年08月08日(土)
【インプラント埋入手術の直後、自分の】
インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。


当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。


感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。


インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。


良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。


天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。


19:48
2020年08月07日(金)
【人工歯としてのインプラントは】
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。


麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。


毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。


ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


18:18
2020年08月06日(木)
【インプラントならば、他の人工歯と比べても自分】
インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。


歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。


特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。


16:18
2020年08月05日(水)
【代表的なインプラント適用のケース】
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。


残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。


自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


15:00
2020年08月04日(火)
【インプラント治療の大きな問題は】
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。


他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。


この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。


ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。


年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。


なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。


13:48
2020年08月03日(月)
【1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリ】
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優っていると考えられます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。


ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。


治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


急患でも診療を受けることが必要です。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。


12:42
2020年08月02日(日)
【インプラントについて、簡単に説明】
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。


そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


11:06
2020年08月01日(土)
【インプラントは他の歯に影響ないとい】
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。


しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。


それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども歯科医を決めるためには重要なことです。


ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。


確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。


これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


10:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++