知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年08月24日(土)
【インプラント治療を始める前にチェックすることとし】
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。


最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって何種類かのタイプがあります。


人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。


他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。


インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。


その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。


加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


まれな症例として、手術後の死亡例もあります。


12:00
2019年08月23日(金)
【もし、インプラント治療前に歯科や口】
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。


今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。


毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。


インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。


また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。


10:54
2019年08月22日(木)
【インプラント治療には隠れたメ】
インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。


自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。


治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。


多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。


治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。


リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。


10:36
2019年08月21日(水)
【がんばって終わらせたインプラン】
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。


インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。


インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。


インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


この治療の費用は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。


保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。


04:54
2019年08月20日(火)
【インプラント治療は、まず何が大切かとい】
インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を置いて語れません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。


当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。


03:06
2019年08月19日(月)
【よく耳にするようになったインプラント】
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。


入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。


インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。


最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


02:24
2019年08月18日(日)
【自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるの】
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。


費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。


入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。


どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。


気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が物を言うといわれています。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。


いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。


これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。


01:36
2019年08月17日(土)
【ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近】
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。


見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。


自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。


インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。


まれな症例として、手術後の死亡例もあります。


00:18
2019年08月16日(金)
【インプラント治療を掲げている歯科医】
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。


インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。


この治療の費用は歯科医院それぞれで大きく異なります。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。


しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。


それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。


麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。


痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。


00:12
2019年08月15日(木)
【インプラント治療による危険性を皆さん、入念】
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。


その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。


金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。


インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。


インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。


歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。


大至急歯科医にかかってください。


00:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++