知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年12月13日(水)
【技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とす】
技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。


インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。


実は、かかる費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。


保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。


誰でもインプラント治療ができるわけではありません。


その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。


また、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。


そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。


これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。


例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


08:00
2017年12月12日(火)
【歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ】
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないとは言えません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。


日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。


歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。


インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれで大きく異なります。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。


07:54
2017年12月11日(月)
【1本から2本の欠損した歯に対して、イ】
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。


代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。


ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。


インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。


当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。


07:48
2017年12月10日(日)
【入れ歯で食べることに抵抗があ】
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。


義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。


せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。


こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。


インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。


保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


それでも、相場はあると言えます。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。


07:42
2017年12月09日(土)
【手術によってインプラントを埋め込んだ後】
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。


普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。


全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


06:24
2017年12月08日(金)
【例外はありますが、インプラント治療は保険適用にな】
例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。


治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。


高い費用も、一括払いには限りません。


分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。


それは本当のことではありません。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。


無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。


自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも十分あり得ます。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。


一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。


06:00
2017年12月07日(木)
【新たな歯科医療の形として期待】
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。


一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。


04:48
2017年12月06日(水)
【インプラントの定着には長い時間がかかります】
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。


複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。


ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。


04:12
2017年12月05日(火)
【これはインプラント治療が最適、とされるのは他】
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。


手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。


治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。


どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。


03:36
2017年12月04日(月)
【言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりま】
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。


それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


03:12

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++