知っておきたいインプラント


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年10月21日(月)
【歯科におけるインプラント治療では、あごの】
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。



インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。


しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。


20:30
2019年10月20日(日)
【インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造な】
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。



いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。


その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。


保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることはもちろんです。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。


19:54
2019年10月19日(土)
【誰でもインプラント治療ができるわけでは】
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安全性を確認しながら治療を受けられます。



一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。


このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。


19:48
2019年10月18日(金)
【インプラントの技術が確立されて】
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。


費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。


利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。


10:24
2019年10月17日(木)
【現状では、インプラント治療のほとんどは】
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。


せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。


どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。


どんなインプラントも虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。


09:42
2019年10月16日(水)
【入れ歯で噛むと食べた気がしな】
入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部の義歯になる部分を装着します。


おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。


さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。


定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。


治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。


ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。


このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。


感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。


09:00
2019年10月15日(火)
【虫歯をひどくしてしまい、抜く】
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。


自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。


どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。


インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。


それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。


現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。


06:36
2019年10月14日(月)
【耐久性の面で、インプラントはどうかとい】
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。


最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。


近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。


当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。


06:30
2019年10月13日(日)
【ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で】
ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。


インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。


インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。


使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。


普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。


05:48
2019年10月12日(土)
【インプラント治療を受けたい方の】
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。


手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。


これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。


ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


急患でも診療を受けることが必要です。


インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。


どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。


定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


04:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++