知っておきたいインプラント

2019年01月12日(土)
【歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開】
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。


術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


麻酔のために入院することはまずありません。


ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。


この治療の費用は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


08:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++