知っておきたいインプラント

2019年07月12日(金)
【皆さんがインプラント治療をためらう原因】
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。


長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。


インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。


別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。


入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。


18:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++