知っておきたいインプラント

2019年09月18日(水)
【差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的】
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。


差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


では、インプラントの場合はどうでしょうか。


インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。


ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。


保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。


抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。


高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。


04:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++