知っておきたいインプラント

2020年10月18日(日)
【様々な条件を考え合わせた上で、イ】
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。


インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。


インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはできる状況になっています。


13:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++