知っておきたいインプラント

2021年04月08日(木)
【失った歯を再生する治療は何種類】
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。


歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。


毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。


人工物のインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。


最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。


インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。


05:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++