知っておきたいインプラント

2018年01月13日(土)
【インプラントが固定され、義歯】
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。


この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてください。


特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。


ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。


ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。


普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。


どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。


12:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++