知っておきたいインプラント

2018年02月15日(木)
【新たな歯科医療の形として注目されているインプラント】
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。


インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。


この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。


安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。


これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。


自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。


歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。


07:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++