知っておきたいインプラント

2018年04月16日(月)
【今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効】
今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。


口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。


インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。


忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。


入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。


数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。


それは違います。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。


検査には問題ないのです。


21:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++