知っておきたいインプラント

2018年10月12日(金)
【一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのか】
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。


これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。


歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。


どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。


重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。


01:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++