カニ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年10月20日(金)
【選ぶ蟹を間違えると本当は美味しいはずの蟹を楽】
選ぶ蟹を間違えると本当は美味しいはずの蟹を楽しめなくなってしまいます。


美味いカニを堪能するには、正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。


選び方は、タラバ蟹の場合、重さのチェックをすることが一番に調べるべきことです。


そして、綺麗な甲羅に目が行きますが、そういうものは選ばずに、汚れているもの、そして硬いものを買うことをお勧めします。


蟹は家族の食卓にも最適ですね。


蟹通販には色々な商品がありますが、中でも丸ごと買いが最もお得です。


蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが特に安いという印象があるかもしれませんが、蟹のサイズや種類によっては、丸ごと買いでもお得な値段で購入できる商品は少なくありません。


私は断然、丸ごと買いをお勧めしたいです。


蟹を美味しく味わうには、丸ごと一杯の蟹を茹でて食すのが一番いいでしょう。


この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。


詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、かにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。


最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、アンケートの中でプレゼントなどにつられて個人情報を答えていたりすると、忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物が送りつけられ、どうなっているのか業者に問い合わせても取り合ってもらえず、あきらめてお金を払ってしまう人が多くいるそうです。


その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、あちこちで売れ残ったかにを安く引き取って再冷凍してから送るとんでもない業者まで現れました。


こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。


このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。


ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。


北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにと言われていますが、生物としてはヤドカリだったのです。


かにと言っても通用する見かけと、かにと同じくらいおいしいことからかにと全く同じ立場で誰も問題にしていません。


濃厚な身の味わいと食感の良さ、希少価値もあることから、非常に珍重されています。


あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?ズワイガニに限らず、当然のように全体の大きさだけを見て買っているのではないでしょうか。


それだけでは不十分です。


それよりも大事なことを強調したいのです。


持ってずっしり、手応えがあるかどうかチェックしてください。


見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという痛い話を聞いたことがあるでしょう。


ずっしりと重いかになら、中身スカスカではないでしょう。


15:42
2017年10月19日(木)
【近年では、かに通販のカタログや】
近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが多いと思いませんか。


ほぐしていないかにの身、という半加工品です。


缶詰にもある、むき身のかにのことです。


殻を取り除く面倒がないのは嬉しい話ですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いという点にも注目ですね。


蟹の美味しい季節が今年もやってきました。


お得に蟹を買いたい方は、断然、丸ごとで買うのがお勧めです。


蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが一般に安価だと言われていますが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でも十分安く買えることが多いです。


せっかくの旬の蟹ですから、その旨みを味わい尽くすには、蟹の風味を活かした茹で蟹ですよね。


それなら風味を損ねることもありませんから、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。


食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。


後は、毛蟹も有名ですね。


あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味が通の味ともいわれています。


ズワイガニも多く出回っており、その味もなくてはならない存在です。


どのかにも独特のおいしさをもち、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。


「蟹を食べたい、でも高い!」そんな時お得なのは、日帰りの蟹食べ放題ツアーという方法があります。


これがおすすめです!なぜならば、もしこうして蟹を食べたとしたら、店頭で蟹を購入して自宅で食べるよりも明らかに安く蟹が食べられるからです。


しかも、蟹の美味しい土地で行われることが多いツアーなので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、質がいいことも感じられると思います。


テレビの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。


しかし、今はせっかくネットもあるのですから、テレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、お手元のスマホやパソコンで一度検索してみましょう。


ネットの方が価格競争が進んでおり、テレビ通販よりも安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。


とはいえ、ネットには詐欺などのリスクもありますので、ネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがあれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。


15:30
2017年10月18日(水)
【昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多い】
昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せることが増え、消費者センターなどに通報する人が出てきました。


カタログなどでイメージしていた商品と実物とのギャップが原因となることがほとんどです。


あとは業者の対応に関することですね。


せっかくのかにとの時間をリスクなしで精一杯楽しむためにも、失敗を避けることができる最善の方法は口コミやレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、お店のサイト以外も見るなど出来るだけ情報収集した上で、お店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。


SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。


また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。


かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。


ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。


海水より濃くないくらいで、塩が入っているくらいの塩分で十分です。


かには丸ごと茹でる必要はなく、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて熱が全体に回るようにしましょう。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすときれいな状態で食卓に乗せられます。


一口に蟹といっても、産地や品種など様々なブランドがあるので、初めて蟹通販を利用してみたいという方は、一度、食べ比べて味を比較してみましょう。


特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。


ズワイ蟹には蟹本来の旨味がふんだんに詰まっており、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。


また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が特徴の一つだといえるでしょう。


蟹通販というものをご存じでしょうか? 実際に利用したことがあるとか、知人が買っていたとかいう方もいるでしょう。


でも、お店ではなく通販で買った蟹がそんなに美味しいのか気にされる方もいるのではないでしょうか。


ほんの十年ほど前であれば、通販の蟹は質が悪いものと相場が決まっており、良い蟹が買えた話はそう簡単には信じられませんでした。


一方、近年では、店でも売っていないような、美味しく新鮮な産地直送の蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。


通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも多いと思いませんか。


殻をむき、中身を取り出したという半加工品です。


多くは箱詰めの、むき身のかにです。


色々な料理に使いやすいのは大きいですし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、量の割には明らかにお安いという点にも注目ですね。


14:48
2017年10月17日(火)
【色々な種類のかにが通販で手に入る中で、】
色々な種類のかにが通販で手に入る中で、タラバガニは不動の地位を占めていますが、大事な点を一つお教えします。


アブラガニをご存じでしょうか。


タラバガニにそっくりな見た目で、小さな写真では区別がつかないのです。


タラバガニと紛らわしい表示で、何か違うと思ったらアブラガニだった話は絶えません。


安さにつられて買うのではなく、お店の評価もしっかり確認してください。


通販でズワイガニを買ったことはありますか?ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。


訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。


だいたいはサイズが基準外の品か、ちょっと傷があっても、食べられるような品ですから自宅で食べる分には問題ないおいしさです。


それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。


大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品を探してみるのが通の買い物ですよ。


たまたま冷凍庫が空いたので、かにを買うことにしました。


お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。


ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。


家族が食べたいだけのかにを購入するといったい何十キロになるのか、重さ制限がなくいくらでも買えるのはおとりよせでしかありえないですね。


買い物に行くのと違い、重さを気にせず買えるのは気持ちいいですね。


日本の宅配便は正確さ安全性にかけては世界一だと思います。


どんな荷物でも自宅の玄関まで指定日、時間に正確に届けてくれます。


食べたい日が決まったら指定できるのはうれしいですね。


クール便で届くので、なるべく早く冷蔵庫に運び入れる。


大変なのはそこだけです。


鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにをレストランに出かけることなく家で美味しく頂けるのもお取り寄せの最もいいところかもしれません。


テレビのバラエティでかにの話をしていて、そこで通販を紹介していました。


量も味もとても魅力的だし、送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。


今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、テレビで見た品と違っていたらどうしようと思っていましたが、届いたかにを調理して一安心しました。


ぎっしり身が入っていました。


味も文句なし、ウマウマで、すばらしいお年賀でした。


もちろん、今年も購入したいと思います。


注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのが「カニカニ詐欺」とも呼ばれる、蟹通販詐欺という手口です。


自分は覚えがないが、家族が頼んだのかと思い、代引きでも支払ってしまうので詐欺師の思う壺です。


真っ当な商取引ではありませんが、そこまで高い金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。


皆さんも、いきなり蟹が届いたりしたら、ちゃんと本人に確認するようにしましょう。


14:48
2017年10月16日(月)
【かつては食用蟹の代名詞でもあった】
かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。


これは正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。


甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するのが基本的な楽しみ方です。


また、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


グルメの王道である蟹。


蟹を最も美味しく味わえるのは、たっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。


他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。


蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。


私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。


これなら、新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。


そのままの味が好みに合わなくても、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、たちまち美味しくなります。


昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。


世に言う「カニカニ詐欺」の蟹通販詐欺です。


代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、支払いに応じてしまう人が少なくないようです。


詐欺といえば詐欺なのですが、そこまで高い金額でもないし、現実、蟹は届いているのですから、諦めてしまうケースがまま見られます。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。


蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、実にいい味を出すので、その名にふさわしい有名なブランドです。


中国だけでなく、アジア各地のいたるところに生息しています。


その生命力は強く、雑食で正真正銘の侵略的外来種です。


上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために上海ガニの生体や卵が取引されないよう公に行えない国もあります。


蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族にお歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。


しかし、考えなしに送るのは危険です。


水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。


時間が経つとそれだけ美味しくなくなりますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


そんな事態を避けるためにも、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。


留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて発送するようにするべきですね。


14:18
2017年10月15日(日)
【蟹のブランドにも色々ありますが、私のお勧めは有名なズ】
蟹のブランドにも色々ありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。


蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。


ズワイガニの美味しさを知れば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。


一口にズワイガニといっても、産地ごとに様々な呼び名がありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。


このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。


蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。


かにって本当に美味しいですよね。


自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。


そこでかに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。


届いたかにをすぐに食べてみたところ、思いのほか美味しいのに驚きました。


考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。


でもそんな頃でもかにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。


その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、一般的ではなかったこともあり、そのような方法で購入したかになんて評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。


ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。


味は私が保証します。


これからの季節が美味しい蟹。


さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。


触感や味、調理法などがそれぞれ違い、人によって好みもまちまちなので、通販で蟹を購入しようという人は、種類ごとの違いを意識して商品を選ぶことが必須かもしれません。


ポピュラーな蟹の種類というと、タラバガニ、ズワイガニなどです。


この二つは私もお勧めです。


どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にするのが蟹通販を利用する上での基本だといえるでしょう。


蟹の魅力を十分に引き出すためには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。


ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。


そこで、茹で蟹の基本的なやり方の知識があるか否かに全てがかかってくるといえます。


茹で蟹において大事なこととは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。


蟹の全部がまるごとお湯に浸かるようにするのがポイントです。


そうすれば、全体がきれいに茹で上がります。


中華料理、いろんなメニューがありますよね。


そんな中、上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。


そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。


季節を問わず手に入り、常に口にすることができますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。


14:00
2017年10月14日(土)
【蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの】
蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの人は食べ放題の蟹はマズいというイメージや実体験をお持ちですよね。


しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。


食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。


食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、品質、新鮮さともに申し分ない蟹が出てくるので、存分に堪能できます。


ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方ならいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶことを推奨します。


テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せる人からの苦情が相次ぐようになったのです。


ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。


業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを未然に防ぐためにも、インターネットを最大限に活用することです。


口コミやレビューを多角的に見て評判の良いところから探せばきっといいお店に出会えるはずです。


ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。


直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、国内では北海道になるでしょうか。


その理由ははっきりしていて、国内で毛蟹が水揚げされているのは、北海道以外にありません。


日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。


そこで北海道の他にも、おいしいかにがとれる産地を思いつくのではないでしょうか。


有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取が有名な産地となっています。


蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾といった浅海に生息します。


近年、国産品は貴重になってきています。


15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。


調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。


通販でズワイガニを買う方も多いでしょう。


訳あり商品はないか、良く探してくださいね。


訳あり商品は、加工用や自宅用だと考えてください。


大きさや重さが基準に合っていないものか、中身に害のない傷がある品ばかりですから、食べてしまえば、味は変わりません。


それでも見切り品として、お安くなっているわけです。


限定品で大量購入できないこともあるようですが、文句なく、訳あり商品の購入こそ通販上手の買い物だといえます。


13:54
2017年10月13日(金)
【つい最近利用したばかりだったので、聞いた】
つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、買ったつもりのないかにを勝手に送ってくる、通販押し売り商法です。


まずはかに通販会社と称するところから電話がかかり、何周年キャンペーンでただ同然のかにを買えるなどと興味を引き、アンケートの中でプレゼントなどにつられて個人情報を答えていたりすると、数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みが法外な請求書つきで届きます。


返品も問い合わせも出来ず、結局はお金を払うしかありません。


その他にも、経済的に余裕のある人を対象に、高価格、高品質のかにを装って、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。


これも立派な詐欺です。


美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。


こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。


毛蟹はカニ味噌が濃厚で好まれている蟹ですが実は他の蟹と比べると小さいです。


そのため、どうやって選ぶかが重要で、一歩間違うと身が隙間だらけの物のあり、おいしく食べられません。


そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。


お店で買う場合は、実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、通信販売で買う場合は、厳格な基準で商品を取り扱っている、信頼できる会社を選ぶことが失敗を避けるには重要です。


ゆでがには一番メジャーな調理法ですが、おいしく茹でるために、これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。


塩の入れすぎは逆効果です。


塩味がついたな、くらいの塩分で十分です。


立派なかにで、もしも鍋より大きかったら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。


結構汚れもついているので、全体を洗っておくと食べるときに楽ですよ。


蟹にも国産と輸入があります。


購入する際に、国産と外国産、どっちの蟹を買うほうがいいのか、悩んでしまうケースも多いでしょう。


しかし、それほど迷うことはありません。


同じ品種なら、日本産でも海外産でも大した違いはないので安心してください。


それより大事なことがあるとしたら、信用できる業者から買わなければならないということです。


多くの方が満足しているお店の蟹なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。


毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。


何点か挙げてみます。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、おいしい毛蟹を入手できるのです。


実際に見て買えるなら、色艶はどうか、持ったときに手応えがあるか確かめてください。


なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。


持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。


最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。


13:42
2017年10月12日(木)
【外れのないおいしいかにを食べたいと】
外れのないおいしいかにを食べたいと思うなら、ブランドがにの中から探してみるというのはいかがでしょうか。


直接見て買う場合、ブランドがにを探すのは簡単でどこかにタグやシールがついているはずです。


ブランド名は、特定の地域で水揚げされたかにであるという立派な証拠です。


おいしさに自信があるのは当然で、だからこそ他のかにと一緒にされないためブランド名に仕立てたのです。


かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのは何でしょうかと聞かれますが、いつでも、ズワイガニと答えています。


実は、その産地の名がついているかには、ほとんどズワイガニです。


他のかににはない特長で、たとえば松葉ガニ、あるいは越前ガニという有名ブランドのズワイガニを選べば、まず太鼓判を押せます。


ブランドの分だけ高価なのは事実ですが、ブランド品なら、かに味噌好きの方にも十分応えられます。


せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いのが実情ではないかと思われます。


その名の通り激安なので、一見、利用してみたいと感じるかもしれません。


しかし、すぐに飛びつくのは禁物です。


リーズナブルだという度合いを超えて安価すぎるなら、売り物にならないだけの重大な理由があるというリスクを孕んでいることがあります。


トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で判断することをおすすめします。


渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。


これは正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。


現在では有明海や瀬戸内海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


食用の蟹の中では特に大型であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。


そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食する方が多いようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。


蟹通販で気にすべき点は、何よりまず鮮度を確認することです。


また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。


そして最も重要ともいえるのが送料です。


送料は入念に確認しておくべきです。


特に蟹通販の場合、食品以外の普通の通販と違って、かなり高い送料が設定されているところもあるので、十分気を付けて見なければなりません。


私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。


また、送料無料のところでも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


12:54
2017年10月11日(水)
【食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、】
食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。


そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていてお好きな人にはたまりません。


味ならズワイガニが一番、といわれるくらい有名なところです。


どのかにも、独自の味わいがあり、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。


多くの方に好評のかにの食べ方として、おすすめは「焼きがに」ですね。


今まで食べたことがなくても、挑戦してみる価値はあります。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。


殻付きのかにをそのまま紙で包んで、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


4時間以上冷蔵庫に入れておいてください。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。


焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。


食べ放題でかにをたくさん食べようと思っても、味については色々な方が色々な意見をお持ちのようです。


地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題ではおいしいかにを食べさせてくれるようです。


一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところでは専門店より残念な味だというのが常識です。


専門店では食べ放題でもいいかにを出しているところが多いので、行ってみて損はありません。


花咲がにを食べたことはありますか。


根室の花咲漁港が主な産地のかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。


実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので市場ではかにと一緒にして全国に出回っています。


芳醇な身が特色で、食べ応えもあり、市場に出る量は少ないため、幻のかにの名にふさわしい、かにの一種です。


蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なので蟹通販をよく利用しています。


ですが、初心者は気をつけるべき部分もあります。


通販ではお店と違い、現物が見えないので、量の確認は大事です。


ちゃんと確認しておかないと、量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


解凍は急がず、自然に解けるのを待つことが大切です。


急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。


11:12

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++