カニ


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年03月26日(火)
【テレビの通販番組でも蟹はよく出ています】
テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。


それを見て蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。


ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。


まずはネットでさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、ちょっと検索してみましょう。


その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方がお得に蟹を買えることが多いから。


この一点に尽きるといえます。


ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方がご自身に合っているかもしれません。


かにの通販は鮮度が心配で、という声も時々耳にします。


少し前まで、通販のかにというと新鮮なものはないといわれていました。


現在、その問題はほとんど克服されました。


流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じようにおいしくて鮮度もばっちりのかにを買えるようになりました。


様々な理由から、どの店舗でも常に期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、まずはお店を慎重に選んでください。


蟹通販で蟹を買うのはいいものです。


しかし、美味しく味わうには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。


蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、蟹をうまく茹でるための方法に精通するのが肝要であるといえるでしょう。


蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、第一に、かなり大きめの鍋を使うということです。


蟹全部を水に浸すようにすれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。


紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっともらしく言われますがそれは言い過ぎでしょう。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部はずればかりだとしたら紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。


新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、おいしいということを知っておいてください。


なかなか新鮮なものを食べられないためどうにも誤解されがちです。


ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。


こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。


元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。


今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、かにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。


少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちると一般的ではなかったこともあり、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。


ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。


味は私が保証します。


13:18
2019年03月25日(月)
【調理前の冷凍かには丸ごとのこと】
調理前の冷凍かには丸ごとのことが多く、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、適当に解凍すると、かにのおいしさは損なわれるので急ぐのは禁物です。


おいしく冷凍かにを調理して食べるために忘れず行いたいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに冷蔵庫に入れて解凍することです。


これをきちんと守れば差は歴然なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。


北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。


あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。


コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。


少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちると利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、そのような方法で購入したかになんてあまり味に満足できないことが多いと聞いていたので不安の方が大きかったのです。


昔と違い、通販会社も高品質のかにを届けるための努力の甲斐あって、美味しいかにが通販でも買えるようになったのです。


寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。


かにの出荷量1位を誇る地域から、小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。


かにの通販では、多種多様なかにの取り扱いがあって、どれを選んだらいいか迷いますが、考えなければいけない要点は次のようなものです。


1番目は当たり前といっては当たり前ですが、産地を措いては他にないでしょう。


有名なかにの産地は、旅行先としても大人気ですが、旅行しなくても有名産地のかにを食べたい人のために販売もしてくれるところもあり、ありがたいですね。


産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。


更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。


かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。


同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、かにも聞いたことがある高級がにや珍しいかにまで取り揃えてあります。


選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。


終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。


でも選び方はいたって簡単です。


人の尻馬に乗ってしまうことです。


つまり真似っこをすればいいのです。


もちろん、失敗もありえますが。


基本はたったそれだけです。


かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。


人気店や人気のかにを知るのに売れ筋ランキングなどをあたってみましょう。


もちろん、口コミも忘れずに。


何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、ランキングに無関係な自分なりの基準が見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。


通販を利用する際には巷のレビューを参考にしたいもの。


とはいえ、あまりに多くの口コミがネットに溢れ返っているのが実情です。


多くの人が目にするのは楽天やアマゾンでしょう。


また、それらのサービスのレビューをまず参考にするという方も多いでしょう。


また、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。


こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。


そこで、皆様に一つアドバイスがあります。


口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。


それより、業者の実績によって選ぶほうが賢い選択といえます。


それなら情報も信用できます。


12:30
2019年03月24日(日)
【テレビの通販番組でも蟹はよく出てい】
テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。


それを見て蟹通販を試してみるのも悪くないなと思っている方もいるでしょう。


ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。


まずはネットでもっと安く、あるいは同じ値段でもっといい蟹を買えないか一度調べてみたほうがいいでしょう。


テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらにお得に蟹を買えることが多いから。


この一点に尽きるといえます。


ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方は業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、あれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。


蟹通販を使えば、お店や市場まで出向かなくても、産地直送の新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。


でも、ここ最近は蟹通販をしているお店・業者も決して少なくはないので、どの業者を選ぶかが重要です。


楽天市場などのECサイトで人気ランキングを見てみると、人気の業者がわかります。


迷った時は、ランキングで上の方に挙がってくる業者の、売れ筋商品であれば、失敗はないでしょう。


かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。


つい最近まで、通販でかにを買うと、どうも鮮度が、といわれるばかりでした。


今は、そんなことはありません。


冷蔵や冷凍の宅配便網は全国に行き渡っていますから、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。


通販は顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしも良心的な買い物ができるとは限りませんので、信頼できるところから買うことが必要です。


ご馳走の代表格である蟹。


しかし、蟹を美味しく頂くには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。


ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。


そこで、その際の鉄則の知識があるか否かが肝要であるといえるでしょう。


さて、そのコツとは、鍋のサイズを妥協しないことです。


大きめの鍋を使い、蟹全部を水に浸すようにすれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。


セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。


メスしかいないので、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、卵を抱えたかにで味わいも豊かで、松葉ガニよりも、通好みでファンが後を絶ちません。


かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。


12:06
2019年03月23日(土)
【通販で買えるかにの中でもタラ】
通販で買えるかにの中でもタラバガニを買いたい方は多いようです。


大事な点を一つお教えします。


もっとお安い、アブラガニというかにがいて、ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。


タラバガニを食べようと思って注文したら、よく見たらアブラガニだったという深刻な話も時々聞きますから、値段もさることながら、お店の評価もしっかり確認してください。


ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。


他の食用がにとは違って、どうしても脚の細さが痛いところですが、たっぷり詰まった味噌は味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。


贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌好きが十分満足するには打ってつけのかにです。


丸ごと調理するのも簡単なサイズで和洋中、様々な料理に使われているのです。


松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。


全てメスのかになので、小ぶりなかにですが、産卵期前で、卵を抱えていて身も濃厚な味とされていて、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。


このかには、11月から1月までしか水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。


よくお得で便利だと言われる蟹通販。


その利用時に、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。


「通販」を誤解している人の場合、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。


でも、実を言うと、通販の蟹の鮮度が悪いということはありません。


蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、店頭で普通に売っている蟹などと比較しても鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。


贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすればいわゆるブランド品のかにをあたってみるというのがおすすめです。


かに本体、あるいは箱を見てください。


ブランドがにならブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。


その名は、特定地域で獲れたかにであることの証明になっているのです。


言うまでもなく、それが味の保証となっているので、他のかにと一緒にされないためそのブランドを作り上げたのです。


10:00
2019年03月22日(金)
【通販によくある話ですが、かにを買うとき】
通販によくある話ですが、かにを買うときも食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。


産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、買いすぎは未然に防げることでしょう。


残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、あり得ないほどの量を買ってしまって、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は噂で時々聞きますので、注文前に大きさや頭数をよく確認してください。


贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすればかににもブランドがあるので、ブランドで選ぶそれで失敗はないでしょう。


ブランドがにの目印として、必ずどこかにブランド名が記されていて、特定地域の漁港で獲れたかにであるという保証だと考えてください。


それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だからこの産地や名称に自信を持ち、ブランド化に至ったわけです。


蟹好きな人って多いですよね。


うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹もほとんど全てを一人で食べてしまうくらいですから、よほどの「蟹通」です。


私もよく唇を尖らせるのですが、たまには家族で楽しめる方がずっといいに決まっていますよね。


そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。


活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにもすぐに使えるので重宝しています。


これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹の魅力を楽しめます。


お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。


蟹を楽しむなら色んな種類を知っておきたいもの。


人気の蟹の一つとして花咲蟹があります。


皆さんはご存知でしょうか。


花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。


ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には柔らかさもあって味は絶品と言われ、身のボリュームも多い、大型の蟹です。


ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えると評判です。


限られた時期にしか手に入らないので、頑張って購入してみましょう。


今も昔もグルメの代表格である蟹。


蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。


脚だけや訳ありなど、通販では店頭であまり見かけない商品が安価に買えることで有名ですが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でもリーズナブルにお求めできるものが実は多いのです。


せっかくの旬の蟹ですから、その旨みを味わい尽くすには、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。


これなら蟹の風味を逃がすことなく、身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。


09:48
2019年03月21日(木)
【丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれい】
丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。


殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。


腹の三角形部分に指を入れて外し、要所の関節に切れ目をつけます。


半身は一気に外します。


甲羅と半身を持って、半身、また半身と外していきます。


胴に残った黒い部分を取り除いて、待望のかに味噌を出します。


脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。


このとき切れ目を入れる、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。


文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。


かにといえば脚肉、の方も多いですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。


味噌がおいしいかにとして知られているのは、もっぱら毛蟹に尽きるようです。


毛だらけの殻に詰まった味噌の濃厚な味はこれぞかに、という固定ファンを生んでいます。


そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、ワタリガニの味噌も、またおいしいですよ。


小さめサイズのものが多いですが、独特の味わいを楽しめます。


かにシーズンの日帰り食べ放題ツアー。


これまで体験しましたか。


おいしいかにを食べたい方、この手のツアーに参加するのを躊躇していた方、かにで有名なところを目的地に組み込んだかに食べ放題ツアーへの参加を一押ししたいと思います。


実は、こうしたツアーでは、産地おすすめのおいしいかにを通販や店舗で買うよりずっと安く食べられるのです。


通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。


どんな商品でもそうですが、いい通販ショップの選び方がわからない人もいて当然です。


おいしいかにをネットで一から探すのは大変、といった方、テレビ通販はいかがでしょうか。


皆さんもご存じの通り、テレビ番組で買える食品は品質に自信があるものばかりで、失敗したという話はほとんど聞きません。


かに特集をうまく見つけられれば、最良の購入方法です。


テレビ通販会社のホームページから買えるところもあります。


「紅ズワイガニ?おいしくない」と、かにに詳しい方が言うのですが果たしてどうでしょうか。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部おいしいと思ったことがないならそれは気の毒です。


おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。


新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても誰もがおいしいと言います。


ただ、非常に鮮度が落ちやすいので誤解が生まれるのも仕方がありません。


09:24
2019年03月20日(水)
【少し前までは通販の宣伝といえば】
少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て蟹を買ってみようと思った方もいらっしゃるかと思います。


しかし、今はせっかくネットもあるのですから、テレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、お手元のスマホやパソコンで一度検索してみましょう。


WEB上の方がテレビ通販よりずっと多くの業者が競合しており、ユーザーに優しい価格設定になっていることがほとんどだからです。


一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、より安心して蟹を味わうことができるでしょうね。


贅沢品といえば何といっても蟹。


私も蟹は大好きで、蟹通販をよく利用しています。


ですが、気をつけなければならないこともあります。


蟹通販を利用する場合には、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。


量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。


また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。


今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。


それがお得だと敢えて主張するのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。


まず、普通のお店で蟹を買うとすると、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、代金についてトクをするのは難しいですよね。


通販と実店舗の違いはここなのです。


蟹通販ならば、普通は売り物にならない蟹。


つまり、傷物の蟹であっても、味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。


蟹を調理していく場合には、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。


中でも特別気を付けた方がいいことは、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。


大概の方は解凍の時間が勿体ないからと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。


その方法をとった場合には、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。


活かにをさばいてみましょう。


洗って汚れを落とし、30分水に浸します。


軍手が必要です。


着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。


次に甲羅と半身を離します。


両手で持って、片方ずつ半身を外します。


胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてかに味噌は取り分けておきましょう。


脚を外していき、長さも食べやすくします。


食べるときのために、切れ目も入れましょう。


殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。


09:06
2019年03月19日(火)
【タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類】
タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。


蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。


ズワイガニの美味しさを知れば、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。


越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類が複数ありますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。


タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。


蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際には念のため、タグを確認することをお勧めします。


ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。


場所によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。


ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


それに比べて、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。


しかし、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。


国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。


どうも種類によって話は異なるようです。


タラバガニの場合、国産も外国産もほとんど同じ味だとなるようです。


ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが常識になっています。


国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、そのブランドが味を表しているのです。


このかには産地によって味が違うとすれば、外国産は味が違うというのも、もっともです。


蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。


どういう理由でそう言えるかというと、蟹を楽しむのにこのやり方だと、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べて蟹を確かにお得に食べることができるのです。


なおかつ、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので値段や量に加えて、上質であるということにも納得できると思います。


かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。


これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。


六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、日本各地で食用として重んじられてきました。


渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが基本的な楽しみ方です。


また、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。


08:00
2019年03月18日(月)
【通販でのズワイガニ購入の際には、カタログや】
通販でのズワイガニ購入の際には、カタログやサイトをよく見て、訳あり商品をチェックしてください。


訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。


多くは市場に出す基準に合わない大きさや、中身に害のない傷がある品ばかりですから、風味に問題があるわけではありません。


それなのに、値段はものすごく安いのです。


自宅用で食べる分には訳あり商品を探してみるのがかに通販の達人と呼んでいいでしょう。


料理に蟹を使うとき、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。


中でも最もポイントとなることは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。


多数の人々が早く解凍してしまいたいからと水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。


そうしてしまうと、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。


かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、一度焼きがにを召し上がってください。


自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。


おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。


ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。


ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、かに三昧の2日間を過ごしています。


ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。


毎年もしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。


冷凍しているとはいえ、生鮮食品のかには、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、なるべく美味しいものを失敗なく選べたらいいですよね。


そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。


毛蟹を選ぶとき、いくつか注意点があります。


一番のポイントは水揚げされた時期です。


全体に大きく、身が入っているのも冬で、この時期に獲れた個体を買いたいものです。


実際に見て買えるなら、新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。


なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。


色艶のいいかにはやはり新鮮ですし、重たいかには身がぎっしり詰まっています。


そして、定評のある販売店を選べば、よいかにを売っている可能性が高いです。


07:42
2019年03月17日(日)
【皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある人もいます】
皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある人もいますよね。


とはいえ、本当に新鮮な蟹が通販などで取り寄せられるのか気にされる方もいるのではないでしょうか。


一昔前までなら、通販の蟹は質が悪いものと相場が決まっており、良い蟹が買えた話はほぼ有り得ないものとされていましたね。


一方、近年では、店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。


今までにかに通販を利用した方、どこまで加工したものを買うかということで、ボイル前と後はどちらがよいのかどうしようと頭を抱えた方も少なくないでしょう。


今後、通販のかにで条件を選択するときは活かにを選びましょう。


どんな調理をするとしても、その方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。


年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、通販のかにもありました。


家の近くで買えるかにより大きく、まとまった量が買えるのも魅力でした。


送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。


とはいえ、生鮮食品の通販は初挑戦だったため、商品が届くまでは、正直不安でしたが、かにはテレビで見たとおりの品で、味もテレビの紹介の通り、すばらしいお年賀でした。


今でも家族でかにの話をします。


今年も買いたいです。


間違った方法で選んでしまうと本来は美味しいはずの蟹の良さが味わえないことになります。


蟹を美味しく食べるには、選択方法を心得ておくのがポイントです。


いいタラバ蟹の見分け方、それは注目するのは重さであり、一番に調べるべきことです。


加えて、綺麗な甲羅に目が行きますが、そういうものは選ばずに、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。


近海でかにが獲れる時期になればかにを食べたくなるのは必然です。


具だくさんのかに鍋にすれば、外は寒くても最高に幸せな味です。


そこで、もし時間とチャンスがあれば、かにを買うのに一足伸ばして、一番近い市場に行ってみるとより新鮮なかにに出会えるでしょう。


通販をまめにチェックして、かにを買うのも試してみる価値ありです。


07:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++