カニ

2020年02月14日(金)
【ネットで見かけた蟹の激安通販が気になっ】
ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いようです。


安さでは群を抜いているので、一目見ただけなら、大きな魅力があると感じます。


でも、考えなしに利用するのはよくありません。


一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、通販のていを装った詐欺だったりすることも考えられるので、十分気を付けてください。


激安通販を利用する場合、そのお店の評判をネットでよく見てから購入を検討するべきです。


さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。


皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。


いろいろな中華がある中で高級料理として知られているのが上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。


常に市場で扱われており、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、10月ごろ、メスはお腹の中に多くの卵を抱え込みます。


この時期と、11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、格別の味とされ、大切にされています。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、まずは「焼きがに」が絶品です。


かにの醍醐味を十分楽しめますよ。


冷凍のかになら、解凍時に注意してください。


乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。


半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。


包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。


腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。


ここは結構力が要ります。


ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。


これらは食べられません。


蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。


ここまでで形になりました。


最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。


以上が蟹の捌き方の基本になります。


活かにの下ごしらえはご存じですか。


きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。


軍手を忘れないでください。


胴のかなめである腹の三角形部分を外して要所の関節に切れ目をつけます。


甲羅と半身を分けます。


それぞれをしっかり持って、一息に半身を外します。


胴に残った黒い部分を取り除いて、やっと現れたかに味噌を取りのけます。


脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。


このとき切れ目を入れる、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。


まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。


12:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++