カニ

2020年05月31日(日)
【今も昔もグルメの代表格である蟹。商品のタイ】
今も昔もグルメの代表格である蟹。


商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。


蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などが特に安いという印象があるかもしれませんが、これもピンキリと言え、丸ごと買いでもモノによってはリーズナブルにお求めできるものが実は多いのです。


何といっても、蟹の旨みを味わうためには丸ごとのまま茹でるのが最良なのです。


丸ごと茹でなら、蟹が持つ風味や味わいを損なわず、濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。


かにはどうやったらおいしく食べられるでしょうね。


おすすめは「焼きがに」ですね。


殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。


焼きがにでは解凍が重要です。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫で自然解凍しましょう。


ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。


半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。


プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。


腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。


腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。


包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。


すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。


ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。


これらは食べられません。


胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。


これで解体は終了です。


さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるというのが捌き方の基本手順です。


かにの味は、国産と外国産で違うのでしょうか。


多くの方の話では、タラバガニだと味はどこで獲れたものでも変わらないと認識されています。


ところが、ズワイガニになると話は別です。


味がかなり違うという声を実に良く聞きます。


確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、ある程度ブランド固有の味があるわけで、日本国内でも顕著に味が違うなら、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。


蟹と言えば高級食材ですよね。


そんな蟹を安く食べるには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?おそらく大多数の方が蟹を最安値で買えるのはスーパーだと予想しているでしょう。


ところが、それ以上にお買い得な値段で蟹が手に入る方法があります。


一体どうしたらいいのでしょうか。


それは、通販です。


通販で訳ありの蟹を購入することが最も安く買えるのです。


これならば、やや見た目は悪くても、カニを安く購入することが可能です。


14:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++