カニ

2020年06月03日(水)
【ガザミ、イシガニは、食用になるとワ】
ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。


一般に出回っているかにの中では脚が発達していなくて貧弱に見えますがたっぷり詰まった味噌は大変有名です。


また、お手頃価格のかになので気軽に購入できかに味噌を堪能するのが目的なら期待に応えてくれます。


一人で何匹も食べられる大きさで丸揚げや丸焼きも難しくありません。


皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、おすすめは「焼きがに」ですね。


殻付きのかになら、一番の調理法です。


冷凍のかになら、解凍時に注意してください。


乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。


半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。


半分くらい解凍できたら、そのまま焼いていくと、うま味を逃すことなく、しっとりした状態で味わえます。


完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。


お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば詰めを甘くしてはいけません。


それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。


どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。


大事な方に贈るかにならば、お店の人との関係を大事にしてください。


かにがたくさん獲れる地域を探すと、北陸地方が目立ちます。


冬はかにと温泉と思えば粟津温泉をすすめる方は多く、おいしいかにを味わい、温泉でくつろぐために旅行客は全国からくまなくこの温泉を訪れます。


粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、ズワイガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。


旬のかにと温泉を堪能したい方は満足して帰れることは確かです。


蟹通販は便利なものですよね。


ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、ご家庭でも、正しい手順で調理する必要があるのです。


色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、正しい蟹の茹で方を押さえておくのがまず大事なことです。


蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、第一に、かなり大きめの鍋を使うということです。


蟹全部を水に浸すようにすれば、失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。


19:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++