カニ

2020年10月18日(日)
【ギフトとしても人気のある蟹。家】
ギフトとしても人気のある蟹。


家族や友人知人に、お歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。


ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。


水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。


時間が経つと美味しさも損なわれてしまいますし、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。


そのような危険を冒さないためには、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。


また、相手のご家族が在宅している時間に届くように送ることも忘れてはなりません。


ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。


地方により様々で、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。


美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。


逆に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。


しかし、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、多くは、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。


現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。


本記事でもその購入を肯定しているのにも、お得な根拠があります。


それは通販ならではの利点と言えます。


実店舗で購入する場合、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。


ここに通販の利点があります。


蟹通販では、商品の見栄えを気にしなければ、キズモノの蟹を味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。


かには食用だけでも数え切れない種類があり、国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。


次に、毛蟹もよく見かけるかにで、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさが通の味ともいわれています。


ズワイガニも多く出回っており、その味も有名なところです。


どのかにも、独自の味わいがあり、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。


蟹の品種も様々ですが、通好みの蟹の一つとして挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。


花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、北海道本島の最東端、根室の花咲で主に獲れる蟹で、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。


花咲蟹の肉は太いですが、ジューシーで柔らかいという特徴もあり、身入りが多いことでも知られる、わりと大きな蟹です。


花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。


15:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++