カニ

2017年11月15日(水)
【食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、】
食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。


次に、毛蟹もよく見かけるかにで、触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、通の味ともいわれています。


味ならばズワイガニを挙げる方も多くよく知られた種類です。


とれる場所によっても味が違いますし、人それぞれ、好きなかにがあるのです。


渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。


これはワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。


そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。


かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが味噌こそ、本当のかにの醍醐味ですよね。


味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛蟹に尽きるようです。


味噌は独特の香ばしさで、これぞかに、という固定ファンを生んでいます。


手に入りやすく味噌のおいしいかにとして、ワタリガニを勧める方もいます。


小さめサイズのものが多いですが、味わいは勝るとも劣りません。


全国各地の蟹をお得に購入できる蟹通販は、誰にとっても便利なものです。


しかし、それを利用する上では、いくつか気をつけるべき点もあります。


蟹の王道といえばタラバ蟹ですが、その購入にあたっては、何より大事な新鮮さ、そして蟹のサイズなどを忘れず確認しましょう。


写真だけでは、大きさなどは判断しづらいため、新鮮さやサイズを知るには、商品の説明文も参考にしましょう。


それから、多くの利用者がレビューを寄せていますが、これもダイレクトにお店の評価を反映しているので見ておきましょう。


毛蟹と言えばその濃厚な蟹味噌で人気のある蟹の一つですが、他の蟹より小さい体をしているため、誤った選び方をしてしまうと、殆ど身の入っておらず味が悪い場合もあり、注意が必要です。


そうすると、不味い毛蟹を選ばないようにするために注意することはなんでしょうか。


お店で買う場合は、重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、それとは違って通信販売で選択する場合は、厳格な基準で商品を取り扱っている、信頼できる会社を選ぶことが失敗を避けるには重要です。


09:06







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++