カニ

2018年12月07日(金)
【北海道に行った時、購入したこ】
北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。


考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。


でもそんな頃でも現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちると信用できる根拠もあまりなかったので、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、あまり味に満足できないことが多いと聞いていたので不安の方が大きかったのです。


とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。


これを食べないのは損だと思いますよ。


「さあ蟹を調理しよう」という時には蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。


中でも特別気を付けた方がいいことは、冷凍してある蟹の解凍の方法です。


大多数の方が早く解凍したいがために、蟹を水に浸して溶かそうとします。


その方法をとった場合には、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。


モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、意外にも、高級食材の上海ガニとはかなり近い親戚に当たります。


上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。


重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズとして出回っています。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地で広く知られています。


日本人の大好きな「蟹」。


定番である脚の身はもちろんのこと、蟹ミソも美味しく味わいたいものです。


美味しい蟹ミソを味わえる蟹にはズワイガニなどもありますが、ここは迷わず毛ガニを購入することをお勧めします。


毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹なら蟹ミソの王道といえる味わいを実感できます。


蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまた美味しいです。


お酒のアテにはもってこいの逸品です。


昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、結構な頻度で、後悔する破目に陥ることも珍しくありませんでした。


大抵は、カタログなどと比べて劣っていることを挙げることが多いようです。


あとはそれほど多くないものの会社に対するものもあります。


よからぬ業者にひっかかり、損な取引を避けて、安心してかにを楽しむには、インターネットを最大限に活用することです。


口コミやレビューを多角的に見て評判の良いところからお店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。


最近やたらと増えているSNSなどで検索すればまた違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。


06:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++